バイトもそんなに甘くない!まずは適性を考えて

向いている仕事を考える

人には向き不向きがあるため、仕事にも向き不向きはあります。バイトをする時に仕事探しを行う時は、できる限り向いている仕事で考えることをお勧めします。不向きだと考えている仕事にあえてチャレンジすることで慣れることは可能です。
しかし、不向きよりも向いている仕事の方が仕事に取り組みやすいメリットがあります。特に、初めてバイトに挑戦するという状況であれば、向いている仕事を選んだ方が早く慣れることができます。
しかし、向いている仕事がわからない時は自分の適性を知ることから始める方法もあります。たとえば、体力に自信がある場合は力仕事、パソコン操作が得意な場合はデータ入力など、適性を知ることができれば向いているバイトを見つけられます。

採用されるために行動する

自分の適性がわかったのであれば、後は求人を見て応募し、面接をクリアするだけとなります。バイトは正社員に比べると採用のハードルは高くありません。応募した段階で採用される確率は高いと考えて問題ないです。
しかし、面接の状況次第では採用されない場合もあります。ですから、バイトであっても採用されるために行動することが大切です。たとえば、履歴書を綺麗に作成したり、適切な言葉遣いを学んだりなど、できることはたくさんあります。
ただ、バイトの中でも単発や短期の求人は採用する人材の年齢層は広く、経験不問という条件は珍しくありません。そのため、すぐに働きたい場合に単発や短期のバイトを選ぶのは正しい考え方となっています。