間違っていたバイト探し!まずはお仕事適性診断

どうして何度も面接に落ちるの?

いくらバイトとはいえ、採用の面接に何度も落ちると「自分はダメな人間ではないのか。」とか「どうせ何をやっても無駄だろう。」などと否定的な気持ちになってしまいますよね。そんな時はちょっと考えてください。もしかしたら自分に向いていないバイトばかりを選んでいるということはないでしょうか。
例えば引っ込み思案の人が、接客のカウンタ-を任せられてもうまくいく可能性は低いですよね。でも同じその人が、ひとりで黙々と仕事をこなすデスクワ-クのバイトをやれば、無駄話をしない分仕事がはかどって雇用先は大喜びとなります。適材適所という言葉があるように自分に向いているバイトが必ずあるはずなのです。ではどうやってそれを見つければいいのでしょうか。

もしかしたら違う方向に走っていたのかも?

自分に向いている仕事を探すには、まずはお仕事適性診断を受けてみましょう。インタ-ネットでも簡単にできるサイトがあるので、是非試してみてはいかがでしょうか。もちろん全部が全部当てはまるという訳ではないかもしれませんが、自分なりの方向性が見えてくればしめたものです。早速試しに適性のある分野のバイトの面接にチャレンジしてみましょう。もしかしたらそれがきっかけとなって、今まで自分でも気がつかなかった可能性を掘り起こせるかもしれません。適性のある分野ならば、うまくいく可能性が高くそれは自信にもつながることになります。
今までバイトの面接でいい結果が得られなかったという人は、是非バイト選びをする前に自分に向いている仕事は何か、適性診断を受けることをおすすめします。